ハイボルト療法

根強い身体の症状には
「ハイボルト療法」が効果的です

「マッサージを受けても身体の深部にコリ感がどうしても残る」
「なかなか腰痛が改善しない」
「ケガから早く復帰したい」
などお悩みではありませんか?
短時間で根本的な症状改善を目指すには「ハイボルト療法」がおすすめです。
こちらのページでは「ハイボルト療法」について詳しくご紹介しています。
上記のようなお悩みがある方はぜひご参考ください。

このようなことに悩まされていませんか?

  • 身体の奥に
    あるコリ感が
    解消しない

  • 長年の
    腰痛を
    改善したい

  • ケガから
    早く
    復帰したい

  • ぎっくり腰の
    痛みを早く
    取り除きたい

ハイボルト療法について

ハイボルト療法は「電気施術」の一種であり、手技では届かない身体の深部にまで電気刺激を加えることを目的としています。
特に「疼痛緩和」「ケガの治癒促進」効果に優れていることが特徴です。

こちらでは、ハイボルト療法について、その仕組みや通常の電気との違い、期待される効果について詳しくご紹介していきます。

 

【電気施術とは】

人間の身体にはもともと生体電流が流れており、外部からの電気刺激に反応しやすいという特性をもっています。

「電気施術」は、電気刺激による筋ポンプ作用で血流を改善し、自然治癒力を高めることを目的とした施術です。

 

【ハイボルト療法とは】

ハイボルトは、電気施術の中でも特に「高電圧電流」を流すことができる施術機器になります。
瞬間的な高圧電流を流すことで皮膚抵抗も少なく、より深部に強い電気刺激を加えられることが特徴です。

 

【ハイボルトと通常の電気との違い】

「電気施術」といえば、市販の「低周波療法器」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
また、接骨院・整骨院では一般的に「干渉波療法器」がよく使用されています。

低周波、干渉波では皮膚刺激が強い(皮膚にピリピリとした痛みを感じる)ため、出力を上げることが難しくなっています。
ハイボルトは皮膚抵抗が少ないために出力を上げやすく、通常の電気と比較して「身体の深部」「強い電気刺激」を加えられるようになっています。

 

【ハイボルトの作用】

●血流の改善(マッサージ効果)

電気刺激によるマッサージ作用で血流を改善し、痛みの原因となる老廃物の排出を促す効果が期待できます。

●可動域の改善

ハイボルトは高電圧であるため皮膚の抵抗が少なく、深部まで届くので身体の負担なく可動域の改善を図ることができます。

●鎮痛効果

高電圧の電流によって痛みをブロックすることができ、「鎮痛効果」に優れているといわれています。
ハイボルトは外傷にも使用が可能で、鎮痛効果だけではなく、血流を改善することでの「治癒力の促進作用」も期待されます。

ハイボルト療法によって改善が期待される症状について

ハイボルトは、具体的にどのような症状改善を期待できるのでしょうか?
こちらでは「ハイボルト療法で改善されやすくなる症状」について詳しくご紹介していきます。

 

【ハイボルト療法で改善が期待できる症状】

●肩こり・腰痛

電気刺激による筋ポンプ作用で血流が改善し、痛みやこり感の原因となる老廃物の排出を促す効果が期待できます。

特にハイボルトは高圧電流であるため、手技では届かない身体の深部を短時間で緩める作用もあると言われています。

例えば「身体の深部のコリ感、痛み」「長年悩まされている肩こり、腰痛」といった症状に効果的です。

 

 

●ぎっくり腰・寝違え

ハイボルトでの「鎮痛効果」によって、ぎっくり腰、寝違えといった急性症状の緩和も期待されます。

 

●急性外傷

捻挫、打撲といった急性のケガにも、ハイボルトの鎮痛作用は効果的です。
(他の電気施術では、基本的に急性症状は禁忌になっています)
血流を改善させることで腫脹を抑え、ケガの「疼痛緩和」「治癒力の促進」を期待できます。

その他、スポーツによる痛み、ケガ(シンスプリント、オスグット、足底筋膜炎など)や、日常での痛み(腱鞘炎、バネ指など)の緩和にも効果的だと考えられます。

 

●スポーツのパフォーマンスアップ

ハイボルト療法ではインナーマッスルまで電気刺激を加えられます。
例えば「腸腰筋」を刺激し、筋収集力をあげることによって「体幹の安定」「走力アップ」といった効果が期待されます。

また、肩の筋肉(棘上筋)を緩めることで、投球動作をスムーズに行うことにも繋がります。

ヒガシ矢部駅前整骨院【ハイボルト療法】

当院のハイボルト療法では、フィジオアクティブHVを使用しています。

ハイボルトは、高圧電流を利用して主に、肩こりや腰痛や関節痛などの痛みを緩和させるために使われます。
元々はヨーロッパなどで、ケガの回復期に実施されるリハビリや、スポーツ選手のコンディションの調整に使われていた電気刺激療法器です。

ハイボルト療法の主な目的や、どのような症状に効果的なのかをご紹介します。

 

➀疼痛緩和

痛みとは、「痛み」を脳に伝える神経が興奮してしまうことで、脳に「痛み」の信号が伝わってしまうことで起こります。

ハイボルト療法による電気信号で「痛み」の信号が脳に伝わることをブロックすると、疼痛緩和に繋がります。
この作用をゲートコントロールと言います。
ゲートコントロールとは、痛みが少ない状態を身体に覚えこませていくことで、神経の興奮を抑えて、痛みを感じにくい身体にしていくことです。

 

➁筋ポンプ作用による血行促進

筋肉に対して直接的に電気刺激を与えると筋収縮運動が起こり、筋肉内の血流が促進されるようになります。
筋肉内の血流が促進されると、全身の血流循環の改善に繋がります。

血液は、全身に酸素と栄養を送っています。
血流の促進は、老廃物痛み物質が滞留することを防ぎ、必要な酸素や栄養素が運ばれるようになるので痛みの緩和にも繋がります。

よくある質問 FAQ

  • 痛みが出そうで不安なのですが、、
    痛みを出さないよう、電気の出力を調整しながら施術しますので安心してください。
  • どれくらいの時間、電気を流すのですか?
    患者様の症状によって変わりますが、目安としては10分ぐらいです。
  • ハイボルテージ療法は保険適用できますか?
    申し訳ありません。こちらの施術は保険外となっております。

著者 Writer

著者画像
院長:ヒガシ シュンペイ
東 俊平
生年月日:1984年11月22日生まれ 
血液型:A型 
出身:東京都町田市
趣味:DIY、ブラジリアン柔術

【得意な施術】
エネルギー療法、Oリング検査

【患者様へ】
どこに通っても改善しない症状、改善へと導きます!
宜しくお願い致します!
 

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ヒガシ矢部駅前整骨院
住所〒252-0232 神奈川県相模原市中央区矢部3丁目21−1 コーヴレジデンス201
最寄:JR横浜線「矢部駅」南口徒歩5分
駐車場:提携駐車場に無料でお停め出来ます
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
9:00~
15:00
9:00~
15:00
×
14:00〜
19:30
- - ×
【平日】AM:9:00~PM13:00 /AM:14:00~PM19:30
【定休日】日曜・祝日

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院 公式SNSアカウント Facebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院 公式SNSアカウント Facebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中