手足のしびれでお悩みの方へ

  ★手足のしびれ★でよくあるお悩み

  • 身体が冷えると
    手にしびれが
    出てくる

  • 長時間
    座っていると
    お尻が
    しびれてくる

  • 指先に
    しびれがあり
    感覚も鈍い

  • 前屈みに
    なると足に
    しびれを感じる
    ことがある

手足のしびれは身体からの警告です

手足のしびれは、痛みと同じく「身体の異常」を知らせてくれるサインだといえます。
放置することで症状を悪化させる可能性もありますので、
早めに対処していくことが大切です。

 

こちらのページでは「手足のしびれ」をテーマに、
原因や対策について詳しくまとめてあります。

日常生活で簡単にできる対処法についてもご紹介していますので、
ぜひ最後まで目を通してみてください。

手足のしびれ
改善メニュー Recommend Menu

手や足のしびれはなぜ起こるのでしょうか?

身体にしびれの症状がみられる場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?

こちらでは、「しびれの主な原因」について詳しくご紹介していきます。
危険なしびれについても触れていますので、ぜひご確認ください。

 

【しびれの原因】

しびれを起こす主な原因としては「血流不足」「神経の炎症」などが挙げられます。

 

●椎間板ヘルニア(頚椎、腰椎)

椎骨と椎骨の間にある「椎間板」が後方に突出し、背骨周辺の神経を圧迫した状態になります。

「頚椎ヘルニア」では手のしびれ、「腰椎ヘルニア」ではお尻から足にかけてのしびれに繋がることがあります。

 

●変形性脊椎症(頚椎、腰椎)

背骨の変形によって筋肉の動きが悪くなり、血液の循環が滞ってしまう場合があります。
血液の循環が滞ることで神経にも血液が送られなくなっていき、しびれの症状が現れることがあります。

背骨が変形してしまう要因としては「加齢」が主に挙げられます。

 

●筋緊張

筋肉の緊張によって神経、血管が圧迫されることで、しびれを生じることがあります。
筋緊張を起こす要因としては、「不良姿勢」「ゆがみ」「ストレス」「運動不足」などが挙げられます。
「足首の変形(足関節捻挫)」によって荷重バランスが崩れると、全身がゆがみやすくなります。

 

●内臓の病気、糖尿病

内臓の病気や糖尿病による神経障害で炎症を起こし、しびれを生じる場合があります。

 

●脳血管障害

脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など、脳血管障害がある場合もしびれを生じることがあります。
「左半身(右半身)のしびれ」「めまい、吐き気」「ろれつが回らない」といった症状がみられる場合は、生命の危険もありますので救急で医療機関に行くようにしましょう。

日常で簡単にできる、手足のしびれ対策

手足のしびれを改善するためには、どのような対策をすればよいのでしょうか?
こちらでは「日常でできるしびれの対処、予防法」について詳しくご紹介していきます。
簡単に行えるものばかりになっていますので、ぜひ実践してみてください。

 

【しびれの対処・予防法(全身)】

●適度な運動

ウォーキング、水泳、サイクリングなど、適度な全身運動は循環の改善につながります。

また、筋緊張と関連の強い「ストレス」の発散効果も期待できます。

 

●入浴

全身を温めることで、循環の改善とストレスの発散効果を期待できます。
ぬるめの湯船に20分を目安に、ゆっくりと浸かるようにしましょう。

 

●身体を冷やさない

冷えは筋緊張を高め、循環不足につながります。
衣服や暖房器具を調整することで、身体をなるべく冷やさないように気をつけましょう。

 

【手のしびれ対策】

●首まわり、肩甲骨まわりのストレッチ

日常的に頚椎、鎖骨、肩甲骨まわりをストレッチしておくことで、筋肉を柔らかくしておきましょう。
ストレッチは循環の改善にも効果的です。

 

●下を向いた姿勢を続けない

下を向いた姿勢は、頚椎にかかってくる負担が増えてきます。
デスクワークでは机の高さを調整したり、スマホは目の高さにあげて画面を見たりするなど、なるべく下を向く姿勢を避けるようにしましょう。

 

【足のしびれ対策】

●お尻、股関節のストレッチ

お尻、股関節付近には足へとつながる大きな血管、神経が通っています。
日常的にストレッチを行うことで、筋肉を柔らかくしておきましょう。

 

●前屈する際は膝から曲げる

背中を曲げて前屈すると、腰椎にかかってくる負担が増えます。
膝を曲げることで前屈みを行うように気をつけましょう。

ヒガシ矢部駅前整骨院【手足のしびれ】

手足のしびれはさまざまな要因があって起こります。

しびれは、末梢神経の症状がある場合」「脊髄や神経根に症状がある場合」「脳に障害がある場合」に発生します。

当院で施術出来る症状としては、末梢神経、脊髄や神経根に症状がある場合です。

症状が出る原因として考えられることとしては、筋肉の緊張で神経への血流が途絶えてしまった場合や、関節や筋肉が炎症を起こして炎症が神経まで波及してしいる場合です。

筋肉の緊張で神経への血流が途絶えてしまった場合は、筋肉の緊張を緩めることが大切になってきます。
検査にてどこの場所で神経障害があるのかを検査で鑑別し施術していきます。

関節や筋肉が炎症を起こして炎症が神経まで波及している場合は、初めの固定や安静の処置が大切です。
コルセット、テーピングなどで負担を減らしていきます。

また、ハイボルト施術で、神経の炎症を鎮めたり固くなった筋肉を緩め、身体のバランスを戻すように調整させていただきます。

著者 Writer

著者画像
院長:ヒガシ シュンペイ
東 俊平
生年月日:1984年11月22日生まれ 
血液型:A型 
出身:東京都町田市
趣味:DIY、ブラジリアン柔術

【得意な施術】
エネルギー療法、Oリング検査

【患者様へ】
どこに通っても改善しない症状、改善へと導きます!
宜しくお願い致します!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ヒガシ矢部駅前整骨院
住所〒252-0232 神奈川県相模原市中央区矢部3丁目21−1 コーヴレジデンス201
最寄:JR横浜線「矢部駅」南口徒歩5分
駐車場:提携駐車場に無料でお停め出来ます
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
9:00~
15:00
9:00~
15:00
×
14:00〜
19:30
- - ×
【平日】AM:9:00~PM13:00 /AM:14:00~PM19:30
【定休日】日曜・祝日

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院 公式SNSアカウント Facebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院 公式SNSアカウント Facebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中