坐骨神経痛でお悩みの方へ

  ★坐骨神経痛★でよくあるお悩み

  • 腰痛だけでは
    なく、足に
    しびれを
    感じるように
    なってきた

  • 身体が冷えると、
    お尻にしびれと
    重だるさを
    感じる

  • しばらく歩くと、
    足にしびれが
    出てくる

  • 坐骨神経痛の
    症状を自分でも
    ケアできる
    ようにしたい

お尻から足にかけてのしびれ、痛みにお悩みではありませんか?

坐骨神経痛は、幅広い年代に起こる症状になります。

 

こちらのページでは「坐骨神経痛の原因・症状」「自分でできる対処法」について詳しくまとめてあります。

なかなか改善されない坐骨神経痛でお悩みの方は、ぜひご参考ください。

坐骨神経痛
改善メニュー Recommend Menu

坐骨神経痛を引き起こす主な原因について

坐骨神経痛になりますと、腰からお尻、足にかけてしびれや痛みが生じやすくなります。
身体の土台部分に症状が出ることから、日常生活にも大きな支障が生じます。

坐骨神経痛への適切なケアを行っていくためにも、「坐骨神経痛の症状・原因」についてしっかりと確認していきましょう。

 

【坐骨神経痛の症状】

「坐骨神経痛」では、お尻から太もも裏、ふくらはぎ、すね、足先まで走る「坐骨神経」に沿った箇所にしびれや痛みを生じます。

「ピリッとした痛み」「重だるい感じ」「ジンジンとしびれた感じ」など、自覚症状は人によってさまざまです。

 

※坐骨神経痛は「頭痛」「腹痛」と同じように、症状を表す言葉になります。
正式な病名というわけではありません。

 

【坐骨神経痛の原因】

坐骨神経が主に「背骨の疾患」「筋緊張」によって、圧迫、刺激を受けることで生じると考えられます。

●背骨の疾患

坐骨神経痛の多くは「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「変形性腰椎症」といった、背骨の疾患から引き起こされると考えられます。

 

・椎間板ヘルニア

椎間板が後方に飛び出すことで、血管を圧迫し、神経への血液の循環障害が起こり坐骨神経痛が起こります。
幅広い年代で起こる可能性はありますが、主に「若年層」に発生しやすく、腰部の前屈によって、痛み、しびれが増強することがあります。

ヘルニアになる原因としては、「重量物の持ち運び」「前屈動作の繰り返し」などが挙げられます。

 

・腰部脊柱管狭窄症

背骨の変性(靭帯の肥厚、椎間板の膨張など)によって脊柱管が狭くなることで、血管を圧迫し、血液の循環障害を起こし、坐骨神経痛の症状が出ると考えられています。

「中高年」に発生しやすく、ヘルニアとは反対に腰を反ることで、痛み、しびれが増強することがあります。
脊柱管が狭くなる要因としては、主に「加齢による背骨の変性」が挙げられます。

 

・変形性腰椎症

腰椎の変形によって、筋肉が上手く動かせなくなり、血液循環障害が起こり症状が出ると考えられています。
腰椎が変形する要因としては、「加齢」「肉体労働、スポーツによる背骨への負担」「長時間の同じ姿勢」などが挙げられます。

 

●お尻の筋緊張(梨状筋症候群)

お尻の筋肉(梨状筋)の緊張によって、坐骨神経が圧迫された状態になります。
長時間の立ち仕事、デスクワーク、スポーツ(長距離走)によってお尻の筋緊張が強まりやすいと考えられます。

 

【骨盤のゆがみは坐骨神経痛につながりやすい】

骨盤は背骨とつながっているため、骨盤にゆがみがあると片側の筋がバランスを取ろうと緊張してしまうので、坐骨神経痛が起こりやすくなります。

特に「下肢の変形(足関節捻挫)」があると、荷重のバランスが悪くなるために、お尻の緊張、骨盤のゆがみにつながります。

自分で簡単にできる坐骨神経痛の改善法

坐骨神経痛を改善、予防していくためには、背骨や骨盤まわりにかかる負担を減らしていくことが大切です。
こちらでは「日常生活で行える坐骨神経痛の対策・予防法」についてご紹介していきます。
簡単にできるものばかりになりますので、ぜひ実践してみてください。

 

【ストレッチをする】

「お尻」「股関節」「太もも」のストレッチを行うことで、骨盤まわりの柔軟性をつけましょう。
筋肉を柔らかくすることで、血液循環の改善につながります。

特に「長距離をよく走る方」「長時間の立ち仕事をされる方」は腰からお尻にかけて固まりやすいため、入念にストレッチするようにしましょう。

 

【入浴】

湯船に浸かって身体を温めることで、筋緊張の緩和と血流改善の効果が期待できます。
ぬるめのお湯に、ゆっくりと時間をかけて浸かるようにしましょう。

 

【背中を伸ばした姿勢を意識する】

背中の曲がった姿勢になっていると、背骨にかかってくる負担が増加しやすくなります。

デスクワークでは背もたれまで深く座り、背中を伸ばした姿勢を意識するようにしましょう。

 

【長時間同じ姿勢を取らない】

長時間同じ姿勢を取っていると、腰からお尻にかけての筋緊張が高まりやすくなります。
時間を区切って、軽く歩いたり、ストレッチをしたりしてこまめに身体を動かすように意識しましょう。

 

【身体を冷やさないようにする】

身体の冷えは筋緊張を高め、しびれを感じやすくなるといわれています。
ひざ掛けや上着などを利用して、身体を冷やさないように気をつけましょう。

 

【減量する】

肥満は、身体にかかってくる負担が増えます。
坐骨神経痛を改善、予防するためには減量することも大切です。

ヒガシ矢部駅前整骨院【坐骨神経痛】に対するアプローチ方法

一般的に坐骨神経痛は、背骨の神経が圧迫されて起こるといわれています。

しかし当院では、長年の経験から神経ではなく筋肉の緊張によって血液の循環障害が起こり、坐骨神経痛の痛み、しびれが起こると考えています。
※解剖学的にも神経は正常であれば、圧迫されても耐えることができるといわれています。

当院では、足首や膝の変形が背骨の神経の圧迫と関係していることが多くあると考えています。

足首や膝の変形があると、身体は無意識に不安定な側の臀部、腰部の筋、反対側の足に体重をかけバランスを取ろうとしてしまいます。

無理にバランスをとり偏った負荷が継続してかかってしまうと筋肉が緊張して、血液の循環が悪くなり坐骨神経痛が出てきてしまいます。

当院では、坐骨神経痛に対して、全身のバランスをみて、「なぜ坐骨神経痛が起こってしまうのか」を見定めていきます。

原因としては、「身体の片側に体重がかかりすぎている」「座っている姿勢のゆがみ」「肝臓などがうっ血して下がり骨盤を押し広げている」「変形性膝関節」「股関節症」などの筋肉の緊張が多く考えられるので、カウンセリングで細かくお尋ねいたします。

著者 Writer

著者画像
院長:ヒガシ シュンペイ
東 俊平
生年月日:1984年11月22日生まれ 
血液型:A型 
出身:東京都町田市
趣味:DIY、ブラジリアン柔術

【得意な施術】
エネルギー療法、Oリング検査

【患者様へ】
どこに通っても改善しない症状、改善へと導きます!
宜しくお願い致します!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ヒガシ矢部駅前整骨院
住所〒252-0232 神奈川県相模原市中央区矢部3丁目21−1 コーヴレジデンス201
最寄:JR横浜線「矢部駅」南口徒歩5分
駐車場:提携駐車場に無料でお停め出来ます
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
9:00~
15:00
9:00~
15:00
×
14:00〜
19:30
- - ×
【平日】AM:9:00~PM13:00 /AM:14:00~PM19:30
【定休日】日曜・祝日

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院 公式SNSアカウント Facebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院 公式SNSアカウント Facebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中