肩こりでお悩みの方へ

  ★肩こり★でよくあるお悩み

  • 肩こりが
    きつくなると
    痛みを感じる

  • 肩こりが
    気になって
    仕事に集中
    できない

  • 長年の肩こりを
    解消したい

  • 肩から背中に
    かけて常に
    張っている

日常生活を見直すことで長年の肩こりを解消させましょう

肩こりは、年齢、性別を問わず多くの方が悩まされているといわれています。
あなたも長年の肩こりに悩まされていませんか?

 

こちらのページでは肩こりをテーマに「原因」と「対策」について詳しくまとめてあります。

 

日常生活で簡単に出来る肩こり解消法もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧になってください。

肩こり
改善メニュー Recommend Menu

肩こりはどのように引き起こされるのでしょうか?

「肩こりは持病のようなもので改善はできない」と思っていませんか?
肩こりの多くは生活習慣から引き起こされると考えられるため、適切なケアを行えば改善目指すことができます。

肩こりへの適切な対処を行っていくためにも、まずは「肩こりの原因」について詳しく確認していきましょう。

 

【肩こりの主な原因】

肩こりは、首、肩まわりの「筋緊張」から引き起こされると考えられています。

筋緊張によって血流不足を起こすと、こり感や痛みの原因となる老廃物がたまりやすくなるためです。

首、肩まわりに筋緊張を起こす要因としては、次のものが挙げられます。

 

●猫背

姿勢がゆがんで猫背になっていると、前方に突き出た頭を支えるために、首から肩、背中が緊張しやすくなります。
特に日本人は、頭の大きさの割に頭を支える肩まわりの筋肉量が少ないため、猫背になりやすい骨格をしているといわれています。

その他、猫背になってしまう原因としては次のものが挙げられます。

 

・膝、足首の変形

身体を支える下肢の関節がゆがんでいると、その上に乗っている上半身もバランスが崩れやすくなります。
※試しにがに股姿勢(O脚)になってみてください。背中が丸まってしまうと思います。

 

・インナーマッスルの緊張

骨盤、背骨に付着して姿勢を支えている「腸腰筋」が緊張していると、姿勢が崩れやすくなります。

●長時間の同じ姿勢

デスクワーク、スマホの操作などで長時間同じ姿勢でいると、筋ポンプ作用が働かないために血流不足が生じやすくなります。

 

●眼精疲労

目のまわりの疲労は、首、肩まわりの緊張につながります。

 

●高血圧、低血圧

高血圧の方は血管が強く収縮したり、血管が硬くなることで血流が悪くなり肩こりを感じやすくなります。
反対に低血圧でも、身体が冷えて身体が緊張しやすく肩こりになりやすい傾向があります。

簡単にできる肩こり解消法をご紹介します

肩こりは主に「肩まわりの筋緊張」「血流不足」から引き起こされると考えられます。

肩こりを解消していくためには、日常生活ではどのような点に気をつければよいのでしょうか?
こちらでは「日常的にできる肩こりの対処・予防法」について詳しくご紹介していきます。

 

【肩こり対処・予防法】

●ストレッチ

日常的に首、肩のストレッチを行い、筋緊張を緩和しましょう。
また、セルフケアとしては「肩井(けんせい)」と呼ばれるツボを押すと、肩こりの解消に効果的です。

 

●運動

適度な全身運動は、血流の改善に効果的です。
特に「ウォーキング」はお手軽な運動で、腕を90度に曲げて前後に大きく振って歩くことによって、肩まわりを動かすこともできます。

 

●姿勢に気をつける

猫背は肩こりにつながりやすい姿勢です。
背もたれまで深く腰掛け、骨盤、肩、頭が一直線上に並ぶよう、背中を伸ばした姿勢を日頃から意識しましょう。

 

 

●こまめに休憩を入れる

同じ姿勢が長く続くと、肩まわりが緊張しやすくなります。。
40分〜1時間を目安に休憩を入れて、室内を軽く歩く、トイレ休憩を入れる、首肩をぐるぐる回すなどこまめに身体を動かすように心がけましょう。

 

●目のまわりを温める

仕事終わり、寝る前など蒸しタオルを目のまわりに当てることで、眼精疲労の改善が期待できます。
こめかみから、頭皮までを指の腹でゆっくりマッサージするとより効果的です。

 

●規則正しい生活

血圧のコントロールを正常にするためには、規則正しい生活を送ることで自律神経を整えることが大切です。
また高血圧の方は「塩分の多い食事」「過度なアルコール」はなるべく控えるようにしましょう。

ヒガシ矢部駅前整骨院【肩こり】に対するアプローチ方法

肩こりは姿勢が悪いことが原因で起こってしまう事が良くあります。

猫背などの悪姿勢で長時間座っていると、足からお腹の方の筋肉が緊張してしまい、身体が前に倒れてきてしまうのでそれを支えるために首の後ろ側の筋肉が緊張してしまいます。

少しの時間ですと緊張が取れれば血流は改善しますが、長時間と血流が悪くなり筋肉が固まって戻らなくなります。

これが肩こりの原因の一因です。

そのため、肩のみに電気やマッサージをして少しの間は良くなってもまた元に戻ってしまうことが多いのです。

当院では肩のみではなく、全体のバランスや足や手の方からの筋肉の緊張も確認しながら症状の改善に取り組んでいきます。

著者 Writer

著者画像
院長:ヒガシ シュンペイ
東 俊平
生年月日:1984年11月22日生まれ 
血液型:A型 
出身:東京都町田市
趣味:DIY、ブラジリアン柔術

【得意な施術】
エネルギー療法、Oリング検査

【患者様へ】
どこに通っても改善しない症状、改善へと導きます!
宜しくお願い致します!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ヒガシ矢部駅前整骨院
住所〒252-0232 神奈川県相模原市中央区矢部3丁目21−1 コーヴレジデンス201
最寄:JR横浜線「矢部駅」南口徒歩5分
駐車場:提携駐車場に無料でお停め出来ます
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
9:00~
15:00
9:00~
15:00
×
14:00〜
19:30
- - ×
【平日】AM:9:00~PM13:00 /AM:14:00~PM19:30
【定休日】日曜・祝日

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院 公式SNSアカウント Facebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院 公式SNSアカウント Facebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中