頭痛でお悩みの方へ

  ★頭痛★でよくあるお悩み

  • 慢性的な頭痛に
    悩まされている

  • 頭の片側が
    ズキズキ痛む

  • 頭痛で
    夜眠れない時
    がある

  • 頭痛の
    改善方法を
    知りたい

頭痛改善のためには「頭痛のタイプ」を知ることが大切です!

性別、年齢関係なく多くの方が慢性頭痛に悩まされているといわれています。
あなたもなかなか改善しない頭痛に悩まされていませんか?

 

 

一口に頭痛といってもさまざまなタイプがあり、対処法も変わってきます。

 

こちらのページでは頭痛をテーマに、
「頭痛の3つのタイプ」「タイプ別の頭痛対処法」について詳しくまとめています。

 

長年の頭痛に悩まされている方は、ぜひ最後までご確認ください。

頭痛
改善メニュー Recommend Menu

あなたを悩ませる頭痛はどのタイプになるでしょうか?

慢性頭痛は主に3つのタイプに分けられ、症状の出方や対処法も変わってきます。
頭痛に対する適切な処置を行っていくためにも「自分がどのタイプの頭痛なのか?」を把握しておくことが重要です。

こちらでまずは「慢性頭痛の3つのタイプ」を詳しくご紹介していきます。

 

【緊張型頭痛】

慢性頭痛の中でもっとも多く発症するタイプだといわれています。

 

緊張型頭痛の主な原因

首肩周りの筋緊張による「神経圧迫」「循環不足(血管の圧迫)」が主な原因だと考えられています。

首の筋肉が緊張する要因としては、「眼精疲労」「猫背姿勢」「長時間の同じ姿勢」などが挙げられます。
また、「水分不足」も体内の血液循環が悪くなることで、頭痛につながりやすくなることが考えられます。

 

緊張型頭痛の主な症状

頭全体の締め付けられるような痛み
めまい、頭痛、吐き気

など

 

【片頭痛】

若年層の女性に発症しやすい頭痛になります。

 

片頭痛の主な原因

頭の血管の拡張、顔周りの神経(三叉神経)の炎症から頭痛を生じると考えられています。
頭痛を引き起こす要因としては、「気圧の変化」「ストレス」「寝不足、寝すぎ」「女性ホルモンの乱れ(更年期、生理前後、妊娠、出産)」などが挙げられます。

 

片頭痛の主な症状

頭の片側のズキズキとした痛み
吐き気(実際に嘔吐してしまうこともある)
光や音に敏感になる
前兆症状(視界に光が出現する)がみられることがある

など

 

【群発頭痛】

3つの中で、もっとも激しい痛みを生じる頭痛だといわれています。
患者数自体あまり多くないのですが、多くは若年層の男性に発症するとされています。

 

・群発頭痛の主な原因

はっきりと原因は分かっていませんが、脳の視床下部へ刺激が加わることで発症すると考えられています。
「体内時計の乱れ」「気圧の変化」「ストレス」「アルコール」「喫煙」などが、痛みを引き起こす要因だと考えられます。

 

●群発頭痛の主な症状

目の奥に激痛が走る(片側に出やすい)
痛みがある方の目から涙が出たり、充血、鼻づまりを起こすこともある
群発期に入ると毎日のように痛みが出ることもある
痛みは夜中、睡眠中に起こりやすい

 

【その他の頭痛】

交通事故やスポーツによる外傷などで脳の硬膜が破れると、「脳脊髄液」が漏れ出てしまうことがあります。
脳脊髄液が減少することで、脳圧が低下し「起立性頭痛(立っている時に頭痛が出る)」を引き起こす場合があります。
原因がはっきりと分かっていない部分もありますが、寝ていないと頭痛で身体がどうしてもつらい場合は、医療機関に相談することをおすすめします。

つらい頭痛を改善する方法をご紹介します

「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発頭痛」
あなたはどのタイプの頭痛に当てはまりましたか?

こちらでは「タイプ別の頭痛対処法」について詳しくご紹介していきます。

 

【緊張型頭痛の改善法】

・首まわりのストレッチ

日常的に首まわりをストレッチすることで、筋肉を柔らかくしておきましょう。

 

・こめかみ、頭皮のマッサージ

指の腹を使い、円を描くようにこめかみから頭皮をゆっくりとマッサージしましょう。
頭頂部にある「百会(ひゃくえ)」、後頭部にある「風池(ふうち)」は頭痛の改善に有効です。

 

・入浴

ゆっくり湯船に浸かることで、「ストレスの発散」「筋緊張の緩和」「循環の改善」を期待できます。
入浴前後でしっかりと水分補給を行いましょう。

 

【片頭痛の改善法】

・痛い箇所を冷やす

血管の拡張を抑えるために、痛い箇所を濡れたタオルや袋に入った氷水で冷やすことにより、痛みが改善することがあります。

 

・静かな部屋で休む

片頭痛は身体を動かすことで痛みが強くなったり、光や音に敏感になったりしやすいといわれています。
照明を落とした静かな部屋で休むことが大切です。

 

・食べ物に気をつける

個人差はありますが「チョコレート」「チーズ」「ワイン」「柑橘類」などは片頭痛を引き起こすことがあるので、なるべく避けるようにしましょう。

 

【群発頭痛の改善法】

・アルコール、タバコを控える

アルコール、タバコは群発頭痛を引き起こす要因だといわれています。
群発期は禁酒、禁煙に努めましょう。

 

・規則正しい生活を送る

体内時計の乱れは、脳への刺激になることが考えられます。
起きる時間、寝る時間を一定にして、規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

・医療機関に相談する

群発頭痛は非常に激しい痛みを伴うため、市販の頭痛薬では痛みを抑えられないことが考えられます。
医療機関に相談し、適切な薬を処方してもらうことをおすすめします。

ヒガシ矢部駅前整骨院【頭痛】に対するアプローチ方法

多くの方を悩ます頭痛は、脳の血管が拡がって痛む「片頭痛」 頭の周りの筋肉が緊張して痛む「緊張型頭痛」と分けることができます。

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。
脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こることもあります。

そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

 

一方、「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

「緊張型頭痛」を引き起こす原因は、精神的・身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている方に起こりやすい病気です。

また、筋肉の緊張ではなく、うつ病など心の病気が原因となる「緊張型頭痛」もあり、また「片頭痛」を併せ持つ方もいます。

当院の指標としては筋、骨格から、栄養、水分不足から、ストレスから来るものとがありますがそれを細かく検査しアプローチを行います。
ほとんどの方は3つが複合的に原因となってしまっている事が多いです。

施術に入る前に生活習慣、ストレスなどをお聞きし、検査にてお身体の状態をみてから施術をさせていただきます。

著者 Writer

著者画像
院長:ヒガシ シュンペイ
東 俊平
生年月日:1984年11月22日生まれ 
血液型:A型 
出身:東京都町田市
趣味:DIY、ブラジリアン柔術

【得意な施術】
エネルギー療法、Oリング検査

【患者様へ】
どこに通っても改善しない症状、改善へと導きます!
宜しくお願い致します!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ヒガシ矢部駅前整骨院
住所〒252-0232 神奈川県相模原市中央区矢部3丁目21−1 コーヴレジデンス201
最寄:JR横浜線「矢部駅」南口徒歩5分
駐車場:提携駐車場に無料でお停め出来ます
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
9:00~
15:00
9:00~
15:00
×
14:00〜
19:30
- - ×
【平日】AM:9:00~PM13:00 /AM:14:00~PM19:30
【定休日】日曜・祝日

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院 公式SNSアカウント Facebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院 公式SNSアカウント Facebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ヒガシ矢部駅前整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中